乳輪が大きい事が体の一番の悩みである事

体の中の悩みをたくさん持っているのですが、バストに関しての悩みが自分の中では一番気になっているのです。

最近になって女友達と温泉地に行くことも体が気になる理由なのです。遺伝的な要素があるのかもしれませんが、私は乳輪がどちらかというと人よりも大きく、それがとても目立ってしまいます。

よく500円玉と比較して大きいか小さいかを判断することもあるようですが、私の場合には500円玉よりもはるかに大きいようなサイズなのです。

しかも、体の色素も濃いので乳輪もどちらかというと黒ずんでおり、余計にも気になってしまいます。

ホルモンバランスの状態によっては乳輪がとても大きくなってしまうということもよく聞くので、私もホルモンのバランスを整えるために睡眠をきちんととったり生活の改善をしていますが、今のところ乳輪の大きさはそれほど変わりません。

美容整形で手術もできるそうですが、皮膚を切除すると聞くと傷痕や痛みが気になりトライする気持ちにもなれません。

下着を購入するときにも乳輪が見えてしまわないように、カップの大きいブラを使うようにしたり、本当にこの悩みのために普段から気を遣っている事ばかりです。

なんとかこの悩みを解決するような方法がないかと模索していますが。思ったような方法は今のところ見つかっていませんし、なるべく人に見えないように隠すしかないと今は考えています。乳首が黒いっていうコンプレックスもあるし、本当に、乳輪が小さくて乳首がピンク色な人がうらやましいです。乳首ピンクにする方法を本気で探してます。

大きい乳輪がコンプレックス

私は旅行が趣味というわけではないですが、温泉にはよく行きます。

その時に気になってしまうのが乳輪。他の若い人よりも大きく感じており、はっきり言ってコンプレックスです。

乳輪が大きいことで損をすることは今までになかったのですが、やはり鏡を見て乳輪の大きさを再確認してしまうとショックを受けます。

私の中で、乳輪が大きいことは年を取っていることだと思っているんです。

若い人は乳輪が小さめにできていると思ってきた今までの偏見を考えたら、自分自身の乳輪が大きいことはマイナスにしかなりません。若々しさを奪われているような気がして落ち込みます。

自分の乳輪が大きい事実を受け入れたくなくて、私は入浴時には絶対に胸は見ないようにしています。

初めて自分の乳輪を見た時は落ち込みました。

高校の時の宿泊行事だったと思います。同年代の女子よりはるかに大きく、これは絶対に魅せられないと思ってこそこそ入浴してました。もともと裸を見られるのが苦手だった私は、宿泊行事の入浴時には絶対に体を隠しており、乳輪を見せるなんてとんでもないと思っていました。

堂々と見せたことはもちろんありません。とにかく体と髪をさっと洗ってさっと出ていきました。乳輪が大きいだけでこれほど気を使わなければいけないのは、かなりの苦痛だと思いました。

乳輪の大きさは変えられないのか、方法を探りたくなってしまいます。

飲むだけで効果を実感!バストアップサプリ

女性にとってバストアップは永遠のテーマですよね。私もかつて胸が小さくて悩んでいました。そんなときに友人のすすめでバストアップサプリを飲み始めました。「飲むだけでバストアップなんて…」と最初は半信半疑でしたが、飲み続けて3か月ほど経つとバストにハリを感じ、ボリュームが出たように感じました。実際にショップで測ってもらうと、バストがBカップからCカップにアップしていました。

こんなに早く、そして効果が実感できるとは思わなかったので驚きました。毎日好きな時間に飲むだけなので、ずぼらな性格の私でも続けられました。これからもさらなるバストアップと、ハリのあるバストキープを目指して飲み続けていきたいと思っています。

バストだけを理想のサイズに!バストアップサプリの効果

バストのサイズで悩んでいた私は、バストアップには女性ホルモンが欠かせないと知り、女性ホルモンの分泌に効果のあるビタミンEやたんぱく質を意識してとるようにしました。具体的にはアボカドやヨーグルトなどを食べたのですが、バストアップにも少し効果が出ましたが、それとともに体重も増えお腹まわりや顔まわりもふっくらしてしまい、バストアップの効果の意味がなくなってしまいました。女性ホルモンにはバストアップと共に、太りやすい作用もあると知りました。

そこで、バストだけを集中して大きくできるものを探し、バストアップサプリにたどり着きました。バストアップサプリには、タイのマメ科の植物「プエラリア・ミフィカ」という成分が含まれていて女性ホルモンの分泌を活性化させ、同時に太らないような成分も入っているということでした。試したところ、以前のようにお腹まわりや顔まわりがふっくらしてしまうことなく、バストだけを理想のサイズにすることができました。

バストアップサプリは、太ってしまう心配がなく、バストアップだけを実現することができるので、とってもオススメです。

野菜を美味しく食べるぞ!

野菜って美味しいようなそうじゃないような。好きな野菜はあるけど・・・嫌いな野菜もたくさんあります。

かぼちゃやじゃがいも、さつまいも・・・など甘い野菜は好き。
だけど人参、ピーマン、青葉っぱ系はちょっと苦手。

少しでも青臭いと食べられません。きゅうりも青臭い。
スイカも青臭いと思う私。ウリ系も苦手だって事なのかな?と思う。

でも色がついた野菜の方が栄養があるんだよね。そう思うと食べなくちゃと思う。
だけど・・・中々難しい。
子供の方が野菜を食べている気がします。
まぁ食べなくても育ちはするけど・・・でも野菜大好きな人よりは不健康なのかも!?

あとは今は平気でも5-60歳になったころに病気が出てくるかもしれない。
シミシワなんかも若い頃の過ちがその歳ででてくるもんね。

今は平気と思っていると痛い目にあうかもしれないね。

だったら30代の今から野菜を食べなくてはと思うように・・・・。
最近は本を買わなくてもネットでいろんなレシピが検索できるので、私でも美味しく食べれらる料理法が見つかるかもしれません。

エステを探すには。

エステに初めて行く時って、情報源って何かな?友達からの体験談が一番信憑性があっていいけれど、ネットの口コミもいいかな。 あとネットの検索エンジンで調べて上位にあるところでホームページを見て雰囲気がよさそうなところで予約してもいいよね。

それから、よく駅前とか家に配布されることもあるんだけど、フリーペーパーも侮れない。Hot Pepperとかお店も多いしクーポンもついているからお得だし、いいね。

ただ、やっぱりHot Pepperは名古屋のお店が多いかな。名駅・栄とかね。名古屋でエステを探す人には良いけど、私のようにあまり名古屋にいかない人には、向いていないね。エステは通わなくてはいけないから、遠いといけないしね。

でもご当地フリーペーパーもあるから、それを活用するといいよ。友達のランチとか参考にするんだけど、そこにエステも載っているから情報源としてはとってもいいよ。

クーポンもついているお店もあるしね。あと有料のご当地情報誌もあるから、それもエステ特集とかあれば、買ってみるのもいいかも。エステ以外のお店の情報もあるから買う価値ありだよね。

カジュアルでもなくフォーマルすぎないちょうどいい服装の男性

私が、結婚式の二次会で良いと思った、男性のコーディネートですが、ジャケットなどスーツ風の服装で、フォーマルすぎず、カジュアルすぎない服装です。

二次会のファッションは、フォーマルである必要はありませんが、カジュアルすぎても引いてしまうと思います。

しかし、その男性は、フォーマルすぎず、カジュアルすぎないのでとても良かったと思います。その男性の結婚式 二次会 服装ですが、紺色のブレザーのジャケットパンツという服装で、コーディネート的にとても格好良かったです。

また、その男性のコーディネートですが、小物類などは茶色で統一されていて靴などは革靴の良いものでした。そのため、全体的に、カジュアルすぎず、上品な印象があったのも良かったです。

シックな雰囲気があり、その男性は、仕事が出来るような感じの印象がありました。全体的に若い年齢の人がとても多かったのですが、爽やかな感じの印象があって、男女ともにその方は好印象だったな、と思っています。

エステなどオールランドなサービス

最近、サービスの垣根を越えたオールラウンドなサービスをちらほらとみることができるようになってきましたね。 その一つとしてあげることができるのが、エステ。

エステと言えば、手の技や機械などを使って、美容、ダイエットのサポートを行ってくれるサロン・・・ということですが、基本的には、そのサロンないで、サービスを受けるということにこれまでは限定されていたと思います。

ですが、最近の痩身エステの中には、そういったサービスを受けてもらうだけでなく、サロンないに、運動機材があって運動を実際にしてもらったり、あるいは、栄養面での指導を行ったり・・さらには、健康食レストラン併設であったりとか・・

たしかに、美容・ダイエットにおいて、エステを受けるだけで、目標が達成できるものではない。 食事や運動が大事ってことは、前々から当たり前の常識でしたが、それらすべてをやろうというエステサロンというのは、すごいですね。 エステサロンの進化の最終系とでもいったところでしょうか?^^;
エステサロンは基本的には、駅近にたくさんある傾向にありますね。脱毛エステにも、名駅周辺たくさんありますからね。

色々とあるもんだ

子どもが幼稚園に入園して、習い事を始めて、母としても初めてのことばかり。
子どもが馴染めるかな、というより、親の私が馴染めるかなという不安。

昔は転校生っていいなあって思ってたけれど、今では大変だなって思う。
案外、子どもは適応能力があって、すぐに溶け込めたり、友達ができたりするけど
親は先入観などがあって、手放しでどーんと飛び込んではいけないので。

知っている人がいるとホっとする反面、合わない人もいるわけで。
新しく出会って仲良くなったりするママたちがいると楽しくなってくる。

人間関係って不思議でふとしたきっかけでつながりが増えていく。
今は何も考えずに新しい出会いに飛び込んでいこうと思っている。

そのうち子どもたちがもっと大きくなると、また友達関係も変わってくるだろうけど
それでも親同士のつながりがこのまま続いていけばいいなと思う人も出来た。

子どもたちを遊ばせながら、親たちはおしゃべりしながらコーヒーを飲む。
憧れのママ友社会、恐怖のママ友社会。
まだまだ始まったばかりです。

月に1回は家族で出かけたい!

やっぱり家族でお出掛けっていいよね。
旅行とまではいかなくていいので、近場で色々お出掛けしたい!

近くの温泉とかでもいいし遊園地、水族館、動物園などでいいよね。
夏休みは混むからと旅行は避けて、プールに何度か行きました。
あとは買い物かな。

でもやっぱりどこかに行きたいとなって、来週駆け込みで旅行に行くことに。
夏休みも終わりになると少しは空いているんじゃないかという安易な理由。
でもホテルは取れました。

あまり計画性がない我が家。
とりあえずホテルを予約して、あとは自由気ままってところですね。

でも旅行に行くとお金はぶっとぶね。
ついついいろいろ買ってしまう。
でも本当はケチケチしたいけど、旦那が「せっかく遊びに来てケチケチするな!エステとかやっちゃえよ」と言ってくるんだよね。

だからお財布には最低限で、念のためのお金は別で保管。いざとなった時に出せるようにね。

脱毛激安ですけど、痩身とかは高いですからね。更にリゾート地ならもっと高いですよね。

でもお財布にたくさん入っているとついつい使うので、目に見えないようにしているのだ!